先日の記事でNVIDIA GeForce GTS 450搭載のビデオカードを3,980円で入手とお伝えしました。

 特に用途を決めていたわけではありませんでしたので、試しにGeForce 9800 GT(66W)から換装、ペガシス TMPGEnc Video Mastering Works 5(TVMW5)を用いてCUDAフィルタリング及びCUDAエンコードを試行することにしました。


CIMG3500
 後にGeForce 9800 GT(66W)を取り外しましたが、とりあえず導入時はビデオカード2枚を同居させています。
 上からカード埋まっており、かなりの熱を持っている。カードは上から「LEADTEK WinFast PX980 GT」「Creative SoundBlaster X-Fi Elete Pro」「LEADTEK WinFast PxVC1100」「アースソフト PV4」「ASUS ENGTS450 DirectCU OC」。

 ENGTS450の補助電源コネクタは写真でいうと手前に配置され、補助電源を接続するとケースが閉じにくくなった。


GPU-Z_VGA
GPU-Z 0.5.9
 NVIDIA nForce 100を介しているためPCI Express 1.1で動作していますが、それを除いてメーカーの仕様通りのスペックでした。


GPU-Z_Sensors
アイドル時
 GPU:50.6MHz, RAM:67.5MHz, Shader:101.0MHz ,VDDC:0.9500V
 アイドル時の動作クロックは低く抑えられいる。OC製品とはいえ、アイドル時の消費電力は低いはずだ。


GPU-Z_Sensors_Load
負荷時
 GPU:850.5MHz, RAM:950.0MHz, Shader:1700MHz, VDDC:1.0370V
 OC版ですので、GPU、メモリとも高クロックで動作しています。
 室内摂氏24.0度に対して、GPU温度は64.0度。その時のファン回転数はGPU-Z読みで2,400RPM。
 12cmファンx5、CPUクーラーのファンx2、メモリークーラーのファンx2、電源ユニットのファンなど元々騒音がひどくENGTS450の音は気になりません。


WEI
Windows エクスペリエンス インデックス
 9800 GT(66W)からGTS 450(OC版)への変更で、6.8→7.2に向上。



 TVMW5ですが、結論からいうと「私の環境では効果なし」でした。[GPU]GTS 450は[CPU]Intel Xeon E5430よりも相対的に処理能力が低いということでしょう。

 9800 GT(66W)及びGTS 450は相対的に処理能力が悪く、環境設定で「CUDAフィルタリング」を有効にしてもCPUでレンダリングする方が高速と判断され一切使用されない。従って、両GPUの比較はできず。

 CUDAエンコードは当環境で行うことができましたが、結果は誤差程度の差しかなく、書くことがない(笑)。

 高速化させるならば、GK110チップを選びたいところ。ですが、ボード上の電力の問題で次期GeForceでは採用されるかされないか、そのような話もあります。その前にパソコンを新調したいところ。



 ENGTS450 DirectCU OCの性能は、先日購入したAMD Radeon HD 7750の若干下、位です。
 アイドル時の消費電力も換装前と比べ低下、問題もないのでENGTS450 DirectCU OCの1枚構成。9800 GT(66W)は取り外しました。