TMPGEnc Video Mastering Works 5


※11/12/26更新
"2011.12.22 / 製品版 Ver5.2.0.62" アップデートの内容に、
『字幕フィルターでメタデータ引用テキストの引用テンプレートで「クリップの時間」「クリップの映像フレームレート」「ソースの時間」「ソースの映像フレーム番号」を字幕として取り込めるようにしました。』
とありますので、ここで公開しているフィルタを利用する必要がなくなりましたので公開を終了します。

 TMPGEnc Video Mastering Works 5 (VMW5)
 動画にタイムコードを表示するには、字幕フィルタにタイムコードを入力する方法があります。とは言っても、1秒単位24時間分で86,400もの字幕が必要になり、手入力では現実的な時間で終えません。ましてや、フレーム単位24時間分では2,592,000。
 という訳で、Cでプログラムを書き字幕ファイルを作成。
※フレーム単位24時間分は100MBを超えているため添付せず。
※個人の責任において使用してください。当方一切の責任を負いません。

7z形式(1,991,738Bytes/md5=cb6d14674f31238f49aeb1b3d9276e45)
zip形式(7,227,932Bytes/md5=865c659b3299dc455ca1841e82fbd293)

 フィルタを適用すると、VMW5自体の動作が重くなります、字幕の数が極端に多いからでしょうね。